Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
日本赤十字社 HP

日本ユニセフ HP

復興書店

* * * * * *
ハワイあれこれ
HAWAI'I JOURNAL
☆2013旅日記更新中☆

* * * * * *

Instagramやってます

follow @tomontheshore

あさごはんのきろくなど。

* * * * * *

HAND MAIDの記録
BRAMHALL CAFE

* * * * * *

普請日記

☆リノベーション記録☆

* * * * * *
Floatinig World

そろそろ復活したいのだが

* * * * * *


Hawaii Journal -kane



* * * * * *
INDIA

2007年のインド旅を
Photobookにまとめました
* * * * * *
My Book Shop
West Tokyo Today Shop


ライフログ
インド旅行その13:青い街、ジョードプル。
d0086668_12541437.jpg
ジャイサルメールを後にした我々は、
バスで約5時間のジョードプルへと向かったのであった...。





乗ったバスはローカルで一杯のバス。
休憩で立ち寄った街では、チャイや水、食べ物を売る物売りが群がって来て
なんとバスの窓越しに販売活動。
d0086668_10483768.jpg
これ、バスの窓越しなんですけど...(笑)
お兄ちゃん、買わない我々に話しかけるのでいそがしく、
後ろのおっちゃんに怒られてました。あはは。


さて、ジョードプルのバスターミナル。ここも客引き、しつこかったですよ〜(笑)
今回も心配だったので、前もって宿を予約。
バスターミナルに付いたら迎えに来てもらえるよう電話する約束だったので、
早速電話....している間にも
「どこの宿〜?」「リクシャ、安いよ!」客引きにまたも取り囲まれる。(汗)
迎えが来るから必要ない!と言って
無視して待っている我々を遠巻きに見ている客引きたち。
....と一人の客引きが自分の携帯を持って、近づいて来た。
「あなたに電話だよ!」
.....んなわけないじゃーん!(爆)
どうも自分が関連している宿につないでいたみたい。

宿のオーナー、Zさんが若い男の子を連れて原チャリで登場。
Zさんは女性、しかも市会議員というキャリアウーマン。
どのリクシャに私たちを乗せようかとリクシャマンを見渡すと、
みんな口々に自分を選んでほしい!と訴えている様子。
それをニヤニヤしながら、彼らのやり取りをきき、
たまに鋭い口調でなにか言い返している。
何を言っているのかわからないけど、堂々としていてかっこいい!
インドにきてキャリアウーマン的な女性に初めて会ったよ…

やっと選ばれたリクシャマンはちょっと得意げ。
でも、「ちゃんとついて来なさいよ」とZさんに強く言われ、
ぶつぶつ言っている様子。
原チャリに乗ったZさんはリクシャに付かず離れず付いて来て見張っていてくれている。
くう〜、かっこいい!

到着した宿は、ジョードプルの城塞、
メヘランガルのすぐふもとにある。

宿から見上げたメヘランガル。
d0086668_10494748.jpg

宿からは街を見渡せる。
d0086668_1383162.jpg
これが宿の外観。
d0086668_1052491.jpg
部屋も清潔。なかなか快適そう.....

ジョードプルはブルーシティと言われ青い建物が広がる。
街自体はごちゃごちゃして雑多な雰囲気だけれど、
上から眺めるとすごく美しい...
d0086668_10514545.jpg
この青は、もともとバラモンの家を意味しているが
現在ではその習慣に習って、一般の人も家を青く塗っているようだ。
またこの色は蚊を寄せ付けないという利点もあるようで...(本当!?)


ジョードプル到着翌日は観光。まずメヘランガル。
ここもちゃんと日本語の音声ガイドが用意されていて、満喫....(暑かったけれど)。
マハラジャが運営していてすごくきれいに整備されている。
d0086668_1384251.jpg
インド人観光客も多い。

そしてここから見る景色はさらにキレイ。
d0086668_1392960.jpg
d0086668_1049057.jpg


午後からはオーナーがアレンジしてくれたオーナーのお兄さんのリクシャで市内観光へ。
まずは街から少し離れたところにある、マンドールという公園へ。
こんな建物もあるけれど...
d0086668_105008.jpg
どうもインド人たちの、憩いの場、みたいな雰囲気で、
ピクニックしている人たちもたくさん。
日本人なんていなくってじろじろ見られる。

中学生のグループに、「写真を撮って!」とせがまれる、私...ではなく、Mちゃん。
私が入ろうとしたら、思いっきりカメラ渡されました。(笑)
かれらの記念写真に納まるMちゃん。
「どこからきたの?」ときかれ、「日本」と答えると、
「ウッソー、日本だって!」
「すごーい」
「学校で日本のこと習ったんだよ、いい国だって!」(ありがとう)
「このこ、ハリーポッターのファンなんだよ!」(日本となんの関係が?)
などなど、かしましいが、可愛らしい。日本(外国人?)に興味津々なのね...
彼らと話すのは面白かったけれど、このままだときりがないのでさよならして先に進む。
d0086668_10503214.jpg
このこたちは、話しかけて来た子と別の子ですが。

お次は現在もマハラジャの後継者が住んでいる、ウマイド・バワン・パレス。
d0086668_10501910.jpg
一部は博物館(大して見るものはなし)。一部はホテルとして泊まることができるそうだ。でも建物自体はあたらしく、しかも西洋的で、さほど面白くない。そして残念ながら?マハラジャには会えなかった.....
d0086668_1050950.jpg


最後は、大理石で出来た記念廟ジャスワントターダ。
この辺で、観光に疲れて、写真をほとんどとっていないです。(汗)

帰る途中で、おっちゃんが、お寺は見たくないかと聞いて来た。
せっかくなので、見たい!というと、
街の外れにあるなにやら不思議なオブジェのような塔に案内してくれた。
それがこれ。
d0086668_1385326.jpg
これって...お寺なんでしょうか??うーん。
でもって、写真じゃわかりにくいけど、すっごく高い!
登れ、と促されて登ってみるけれど、
しょぼいはしごと、階段でなんかすごく怖いんですけれど…。
その辺で遊んでいた子供たち、おもしろがってついてくるし。
Mちゃんは途中で、ギブアップ。頑張って上までのぼってみると....
d0086668_139736.jpg
ひやーいい景色!
気持ちいい!メヘランガルが臨める。

頂上には祭壇。ついてきた子供たちと、祭壇をとったつもりが…
うつってませんな(汗)
d0086668_1391943.jpg

おっちゃんに
「連れて来てくれてありがとう!」
というと照れながらも、
「普通は入れないんだけど...知りあいがいるからね」
とちょっと嬉しそう。

このおっちゃん、無口で愛想もないけれど、
途中でサモサを買ってくれたり、やさしくて、でも押し付けがましくない良いひとでした。
d0086668_10515465.jpg
いっしょについてきたZさんの甥っ子。
なついてくれて、かわいかった〜。


それにしても、この日の観光でかなり疲れきってしまった我々。
ジョードプルでは観光だけして2泊で移動するつもりだったけれど
もう一泊延ばすことにした。
なので、翌日は1日のんびり。

同じ宿で仲良くなった韓国人のAちゃんと電車のチケットを買いがてら街へ。
といってもごちゃごちゃしていて見るものは無いんだけれどね…

街角のジュースタンド。地元の人で賑わっている。
d0086668_1051445.jpg

ここで、リシケシュからずっと気になっていた、
サトウキビジュースをのんでみることにする。
さとうきびをしぼっただけ、のジュース。
おいしそうなんだけれどお腹を壊しそうで、なかなか頼めなかったんだ。
d0086668_10513469.jpg
冷えていてほんのり甘くって意外にイケる。
水が入っている気がするんだけど….
結局何事もありませんでした。
私のお腹、すっかりインド仕様?

ここはラッシーや、マンゴジュースもある。
別の日にマンゴジュースをのんだら、それがむちゃむちゃ濃厚でおいしかった〜。


宿では、オーナーのお姉さんが、ヘナができるということで、
Mちゃんとやってもらうことに…
見本の写真を見せてもらい、Mちゃんはすねに...
d0086668_10505381.jpg
私は足の甲に...。
d0086668_12544291.jpg
これをすこし放置して、あとでレモンの入った砂糖水(だったか?)で定着させて、
はがすと、色が皮膚に写るわけ。
1-2週間はもつのだ。
これですっかりインド気分。


それにしても今回泊まった宿、家族経営のせいか、オーナーの人柄か、
とてもフレンドリー。すごおく落ち着く。
夜は屋上テラスに集まって、オーナーや家族、ほかの宿泊客と話したりしてまったりしたり。

オーナーに、インドの男は信用するなとか説教されたり?(笑)
オーナーの恋人は外国人らしい...
もうすぐ完成予定の新しい建物の屋上で凧揚げしたり。
d0086668_10521610.jpg
たこの大会があるらしく、街では凧がいっぱい上がっていた。
観光はともかくのんびり過ごせたジョードプルの滞在でした。
d0086668_10484830.jpg

→インド旅行その14:ガンガーのほとり....バラナシ編その1に続く!

前回までのお話は
→インド旅行その12:砂漠へ!〜キャメルサファリ編
→インド旅行記 INDEXに戻る
[PR]
by tomshore2 | 2007-09-01 01:16 | +INDIA
<< おうちでインド。 インド旅行その12:砂漠へ!〜... >>


最新の記事
パンヂー畑でレイメイキング2..
at 2016-04-03 12:02
KYOTO 2014 SUM..
at 2014-08-21 07:12
Ho'ike 2014
at 2014-07-17 10:17
余宮隆展 at 千鳥 
at 2014-04-16 10:22
SAKURA 2014 その..
at 2014-04-13 13:07
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
春を感じるワークショッ..
from IkukoDays
初めてのワークショップ「..
from EATお茶入れたよ
Lovely Sweet..
from うひひなまいにち
検索
タグ
(146)
(144)
(121)
(72)
(70)
(57)
(51)
(47)
(47)
(42)
(35)
(24)
(21)
(21)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
www.flickr.com
NoeLani2006's items Go to NoeLani2006's photostream
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧