Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本赤十字社 HP

日本ユニセフ HP

復興書店

* * * * * *
ハワイあれこれ
HAWAI'I JOURNAL
☆2013旅日記更新中☆

* * * * * *

Instagramやってます

follow @tomontheshore

あさごはんのきろくなど。

* * * * * *

HAND MAIDの記録
BRAMHALL CAFE

* * * * * *

普請日記

☆リノベーション記録☆

* * * * * *
Floatinig World

そろそろ復活したいのだが

* * * * * *


Hawaii Journal -kane



* * * * * *
INDIA

2007年のインド旅を
Photobookにまとめました
* * * * * *
My Book Shop
West Tokyo Today Shop


ライフログ
秋の京都、その1:露庵 菊乃井でランチ。
d0086668_113992.jpg
この三連休、京都に行ってきました。

京都はちょうど紅葉真っ盛り。おそらく、一年で一番混んでいる時期。
いつでも行く機会のある我々が、なにもわざわざこの時期を選んで行かなくてもいいのに、という声も聞こえてきそうですが....(汗)

たまたまダンナが見たい展覧会がやっていたこと、私がちゃんと京都の紅葉を見たことが無かったこと、そして番の理由は連休じゃないとダンナの仕事の都合がつかないこと、でしょうか?
いつも旅行の計画が直前の我々、こんな時期でも同じなため、宿を取るのも一苦労。毎日ネットの空室情報をチェックしていた私...(汗)なんとか宿も取れ、






京都駅を降り立ったとき、既にこの時期に来たことを後悔。
駅のコンコースは人、人、人。改札の外にはタクシー待ちの長蛇の列。
30分近く(!)並んでタクシーに乗り込んみ、向かった先は木屋町、高瀬川のほとり。
今回の義両親とのランチは露庵菊乃井。そう、ここで以前紹介したあの菊乃井の支店で、懐石割烹のお店なのです。
d0086668_11423891.jpg

タクシー待ちのせいで遅刻して、慌てて駆け込む我々夫婦。
通されたのはお茶室。割烹なので、本当はカウンターが良かったのかもしれないけれど、予約時にはもうお茶室しかあいてなかったのです。でも4人だし、カウンターだと落ち着かないもんね。
それに、お茶室、良い雰囲気でしたよ。(全体の写真が撮れていませんが...)
d0086668_11422152.jpg


座ったとたん、料理が運ばれてきます....きっと待ち構えて痛んだろうなあ。すみませんでした。(汗)でも感じのいい仲居サンにほっとします。
というわけで、今回も多いですよ〜(笑)

まずは、きのこの豆乳蒸し。
d0086668_11393362.jpg
茶碗蒸しみたいな食感。でもあっさり。百合根やぎんなんもはいっています。それにしても菊乃井は器がやっぱり素晴らしい。(これのふたは最初の写真)
本店はいい器を使って当然だけれど、こちらでもそれにひけをとりません。
菊乃井の食器棚を見てみたい〜!>ダンナ談。きっと夢のような食器棚なんだろうな。

八寸。
d0086668_11394669.jpg
これも美しいプレゼン。こういうのも凝っていますね。
手前左側はイカ(みえませんが)、ぎんなん、かも、味噌松風みたいの。松葉は素麺でできていて、これもたべられます。
奥のゆずの器に入っているのがしめじ、あんきも。
右手前のうつわにはからすみと、わかりにくいけれどなにか野菜(きいたのに忘れた!芋的なもの)をうす切りにしておせんべいのようにしたもの。
いや、とにかくどれも美味しかったです。

お造りその1。モンゴウイカと鯛。
d0086668_11395714.jpg
いかがとろりとしていてなんとも。手前の黄色いのは菊の酢漬け。

お造りその2。こしび。
d0086668_1201837.jpg
辛子がのせてあり、手前の黄身醤油でいただきます。濃厚で美味。

ところで、こしびってなんですか?、ときいたら、まぐろのちいさいのだそうで。よこわ→こしび→しび→マグロと育って行くらしい。マグロって出世魚だったとは!知りませんでした。(恥)

ぐじの粟蒸し。
d0086668_11403476.jpg
これも何とも言えない食感で...かなり好み。

さわらの杉板焼。
d0086668_11404765.jpg
まだ火のついた状態で、全員分をお皿に乗せて持って来てくれ、目の前で各自のお皿にとりわけてくれます。係のお兄さん(未来の巨匠!?)写真を撮っていたら、わざわざこちらに向けておいてくれました。優しいです。

すだちをしぼっていただきます。
d0086668_114112.jpg
杉の香りがほんのり移って口の中にひろがります。はあ〜。

京芋の田楽。
d0086668_11411765.jpg
お芋がほっくりしていて、なんて上品な田楽なんでしょう。

あなご、京人参、聖護院蕪の炊き合わせ。
d0086668_11412960.jpg
味がじんわりしみています。

締めはいくらご飯。釜ごともってきて、目の前でまぜてサーブしてくれます。
d0086668_11414352.jpg
これもサービスでこちらに向けてくれたのに、慌てたせいで....ダメダメですね...(泣)

このご飯、炊き加減といい、ごはんの味といい、むちゃむちゃ美味しかったです。
d0086668_1141575.jpg
残った分は折りに詰めてくれました。本当は持って帰りたかったけれど、ホテルだし、と義両親にあげちゃいましたが....。(泣)

デザートは柿とゆずのソルベ。
d0086668_114296.jpg
柿はとろっとろ。ゆすのソルベは滑らか〜。

はあ〜今回も満喫させていただきました。

お茶室の外にかかっていた露庵の看板。今回食事をいただいたお茶室の名前でもあり、お店の名前の由来なのかな。
d0086668_1143146.jpg

雰囲気とかはもちろん、本店の方がいいけれど、こちらのお料理もなかなか。手軽にはいるにはいいですね。

そうそう、行った日の直前に出版された、ミシュランガイド東京編に、菊乃井の赤坂店が載ったのです。2つ星だけれど。おめでとうございま〜す。
ミシュランに乗ったお店はどこも予約殺到で、なんだかすごいことになっているみたい。
東京の菊乃井もそうに違いないし、その繋がりで京都のお店も予約がとりにくくなるんだろうなあ。もともととりにくいのに!
菊乃井のお料理、サービス、ご主人の村田さんの料理に対する精神を知る限り(東京のお店には行ったことが無いのだけれど、)載って当然、とは思うのだけれど....ちょっと寂しい気もする、勝手な私でした。

というわけで、京都旅ははじまりました。

秋の京都、その2:ミディ・アプレミディのタルト&紅葉ライトアップ編
d0086668_1143299.jpg

[PR]
by tomshore2 | 2007-11-28 10:44 | +KYOTO
<< 秋の京都、その2:ミディ・アプ... 林檎三昧 >>


最新の記事
パンヂー畑でレイメイキング2..
at 2016-04-03 12:02
KYOTO 2014 SUM..
at 2014-08-21 07:12
Ho'ike 2014
at 2014-07-17 10:17
余宮隆展 at 千鳥 
at 2014-04-16 10:22
SAKURA 2014 その..
at 2014-04-13 13:07
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
春を感じるワークショッ..
from IkukoDays
初めてのワークショップ「..
from EATお茶入れたよ
Lovely Sweet..
from うひひなまいにち
検索
タグ
(146)
(144)
(121)
(72)
(70)
(57)
(51)
(47)
(47)
(42)
(35)
(24)
(21)
(21)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
www.flickr.com
NoeLani2006's items Go to NoeLani2006's photostream
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧