Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
日本赤十字社 HP

日本ユニセフ HP

復興書店

* * * * * *
ハワイあれこれ
HAWAI'I JOURNAL
☆2013旅日記更新中☆

* * * * * *

Instagramやってます

follow @tomontheshore

あさごはんのきろくなど。

* * * * * *

HAND MAIDの記録
BRAMHALL CAFE

* * * * * *

普請日記

☆リノベーション記録☆

* * * * * *
Floatinig World

そろそろ復活したいのだが

* * * * * *


Hawaii Journal -kane



* * * * * *
INDIA

2007年のインド旅を
Photobookにまとめました
* * * * * *
My Book Shop
West Tokyo Today Shop


ライフログ
インド旅行その12:砂漠へ!〜キャメルサファリ編
d0086668_23145382.jpg
ラジャスターン地方北西部にはタール砂漠が広がっている。
実はインドに来るまで砂漠があるなんて、全然想像もしていなかった。恐るべし、インド...
この街の外に砂漠が広がるジャイサルメールでのメインイベント?といえばキャメルサファリ。
砂漠を2-3日かけてキャメル(らくだ)で旅をするものらしい。ここまで来たら、砂漠を体験したいし、らくだって乗ってみたい...砂漠に泊まるなんてなんだか楽しそう。
でも時間がない....日帰りのツアーでもいいかなと思って宿に相談したところ。
午後遅く出発して、翌日午前中に帰ってくる簡単ツアーがあるという。これなら砂漠に泊まることも出来る、しかも日帰りツアーとと料金もそう変わらないらしい。
いいじゃーん。これ。





残念ながらMちゃんは不参加。(お腹が本調子じゃない様子)
ひとりで大丈夫かな、と思っていたら、宿で出会った日本人Aちゃんが参加することに。私たち以外にもイギリス人の女の子3人組、そしてフランス人のかわいいカップルと総勢7人のツアー。これなら、楽しそうだ。

らくだのいるツアー出発地点までは30分ほどジープで移動。
集合地点には待っているらくだたち。
d0086668_23151254.jpg
彼らがこれからのツアーの仲間なのだ。
d0086668_23152135.jpg

らくだを世話するのがキャメルドライバー。ツアーには5人のキャメルドライバーがいて、らくだの世話だけでなく、我々の食事の支度とかもしてくれるのだ。水や食料、毛布なんかはツアーに含まれている。さっそく自分用にあてがわれたらくだに乗せてもらう。
d0086668_23153569.jpg
座ったらくだによじ上るのだが、けっこう大変。(足が短いから?>自分)そして立つと意外と大きい。視界が開ける。
頭が見えているのはツアー中私を乗っけてくれるらくだのラジャー。頭がカワイイ。そして毛がけっこう固いのだ。
そして、このらくだを引いてくれていたお兄ちゃんはマンゴー?という名前。逆みたいね(笑)


出発〜!
d0086668_23154556.jpg
らくだの揺れ、思ったほどつらくなく、むしろ楽しい感じ。
私のらくだはずっとこのお兄ちゃんに手綱を引かれていたけれど、お客を乗せられても野放して勝手に歩いているらくだもいた。(前の方に見えるやつ)しかもちゃんと道がわかって我々を先導しているんですが...
d0086668_23155685.jpg
砂漠....といっても砂の部分は思ったより少ない。むしろ、土っぽくて荒野って感じ。乾いているけど草木も生えています。
それでも一時間半ほどあるいて、今夜のキャンプ場所に到着。ここも砂漠っぽくない...ブッシュもあるし。ちょっと拍子抜け。

キャメルドライバーたちはまずらくだの世話。それから火をおこしてまずチャイを一杯。
それから我々の夕ご飯の準備にかかる。
d0086668_2316827.jpg


キャンプ場所の近くに動くものが....
近づいてみて見ると、なんと!糞ころがし!!
d0086668_2316182.jpg
逆立ちして、本当に一生懸命糞をころがしています。途中で失敗して落としちゃったりして、また、仕切り直して運んでるよ。
こんなの○物奇想天外でしか見たことなかった。ひや〜。

ここからちょっと歩いた場所に、砂丘があるということで、ツアー参加者だけで夕日を見に.....
「迷子にならないようにね〜。歩きすぎるとパキスタンに出ちゃうよ〜」
とキャメルドライバーからの注意をうけ(んなわけないじゃん!(笑)


というわけで砂丘。(といっても向こうにちょっと木が見えているけど)
d0086668_23162985.jpg
*クリックするとちょっとだけ大きくなります。

放牧されたらくだたちもそこいらじゅうで休憩している。
d0086668_2316401.jpg

d0086668_23165199.jpg
このらくだ、カメラを意識してか、いちいちいい場所に立ってくれるんだよね。
慣れてる!?(笑)
d0086668_2317380.jpg

砂丘に座り、夕日を見ながら、しばしまったりと過ごす....
d0086668_23171333.jpg

ツアー参加者のうち、イギリス人3人組の女の子たち。2人は姉妹。どっちもすごく感じが良くって良く喋る。とくにお姉ちゃんの方。日本にも行ったことがあるらしくそんな話で盛り上がったり。
三人目は妹さんの友達。彼女はすごおくマイペースで、砂丘に座ったとたん、ペーパーバッグを取り出し、読書.....なぜ?ここに来てまで!?でもなんかいい....

キャンプ場所に戻り、夕食。もちろんカレー。(暗すぎて写真、紹介できません)。
食後は砂の上に引いた現場シートのようなビニールシートの上に寝転がって、星の観賞。
一人の子がキャメルドライバーのおっちゃんに、「歌を歌って〜」とリクエスト。
ウォーターボトルを持ち出して太鼓に見立てて即興の演奏会。
最初はインドっぽい歌を歌っているな〜とか思ったら、
おっちゃんの即興曲「キャメルサファリ」のうた?も登場!
「イギリス人も、フランス人も、日本人もみんな集まってキャメルサファリ〜♪」
なんじゃそりゃ〜(爆)

そうそう、日本人のAちゃん、なんとこの日がお誕生日!(まだ若いのよ...)というわけで、お誕生日の歌も歌ってもらえました。よかったね。おめでとう。

遅くなったので、寝る準儀。マットくらいあるのかな、と思ったら、なんと、寝転がってたシートにそのまま眠れと。一応毛布配布はくれたけれど...。
しかもシートがけっこう狭い.....みなでくっつき合って眠るしかないのか。

そして問題は....トイレ!
寝る前にいっておきたいところだけれど、もちろん砂漠にはトイレなんてあるはずも無く...
懐中電灯を持ち、Aちゃんと少し離れたブッシュまでいき、それぞれ見えないように用をすませました(汗)
でもって帰り道。懐中電灯があるとはいえ、離れちゃうと真っ暗。ちゃんとキャンプ場所までたどりつけるかどきどきしたよ。

砂漠は夜になると冷えるのかと思っていたけど、砂はあたたかく、
そんなにつらくなかったけれど....
朝起きると頭のてっぺんから足の先まで、そして荷物も靴も砂まみれ。....。
昨日元気だったツアーのみんなも心なしかぼろぼろ。疲れきってる様子
....お風呂に入りたい....

夕べのベッドを片付けるキャメルドライバー。
こんな状態で寝たんですよ....
d0086668_2317225.jpg
そりゃぼろぼろにもなるわな。

そうそう、かわいいフランス人カップル。2人でくっついていてすっごく仲良さそうで微笑ましい。
そして女の子はすごくキレイ好き。寝る前や、朝にウェットティッシュで全身をふいたり、しっかり歯を磨いてたり(いや、私も磨いた...と思うけど。汗)
....他の人たちは(というか自分)もう何でも良くなっているのに....
フランス人だから?それとも彼女の性格なのか....??
そして実は男の子の方、薬を飲みまくっているなあと思ったら、調子があまり良くなかったらしい....それなのに、過酷?なツアーに参加したとは...。
朝はちょっと元気になったみたいだけれど。

朝ご飯はチャイ、クッキー、オレンジ?(なんかぱさぱさ)、写っていないけどトーストとゆでたまご。
d0086668_23173267.jpg


スケジュールではお昼には街にもどらなくっちゃいけないので、朝食後は早々に出発。
d0086668_2317425.jpg
道中見かけた小さな砂漠の村。
2泊以上の長いツアーだと、途中で砂漠の村を訪問できるらしいけど。1泊ツアーだと通りかかるだけ。うーん残念だ。

それにしてもこんな道無き道をあるいているのに、よく帰り道がわかるもんだ。すごい!
d0086668_917650.jpg


行きは平気だったんだけど、帰りはらくだの揺れがだんだん辛くなって来た....
とくに尻!!(泣)大丈夫か....
d0086668_23175373.jpg

...案の定、帰った翌日シャワーがしみる....とおもったら、尻のありえないところがすり向けてました(泣)

帰りは2時間ほどでジープのピックアップ場所に到着。
砂まみれでぼろぼろにはなったけれどなかなか楽しいツアーでした。

帰りに寄った、古い王様のお墓(らしい...)
d0086668_9171915.jpg

ジャイサルメール編は終わり。
こんどはブルーシティジョードプルへ移動します
インド旅行その13:青い街、ジョードプル編に続く!

前回までのお話は
→インド旅行その11:ジャイサルメール、観光編。
→インド旅行記 INDEXに戻る
[PR]
by tomshore2 | 2007-08-29 09:42 | +INDIA | Comments(8)
Commented by J-Shields at 2007-08-31 17:58 x
なんか・・すごいねぇ。。TちゃんってこんなにWILDだったのねぇ。たくましい!次も楽しみにしてるよ。
Commented by ucchii at 2007-09-01 10:26 x
すごい、野宿なんだねー。過酷だわ。
サソリ出なかった?私が泊まったキャンプでは夜普通に現れてたけど。。
マハラジャのお部屋、やっぱり石なんだねー。
ところでtomさんはインド病は治ったかしら?
Commented by ともきち at 2007-09-02 06:38 x
すごい!楽しそう~。
馬も乗りなれてないと、尻の皮剥けるって聞いたけど、やっぱりらくだも同じなんだね。
これだけ盛りだくさんだと、インド病にもかかるわな、って思っちゃいました。
Commented by tomshore2 at 2007-09-02 13:42
>J-Shieldsさん
ワイルド...そんなことないとおもうけど(笑)インド旅行中は全てがどうでもよくなってたよ(爆)

>ucchiiさん
なかなか面白い体験だったよ。さそり...いるかもとは聞いていたので、ちょっとびくびくしてたけど、会わなかったなあ。
インド病、理由あって、ちょっとだけ再発してます。

>ともきちさん
楽しかったけど、ほんと尻が...笑っちゃうような場所が剥けてたよ。びっくりです。

Commented by akipon at 2007-09-02 18:05 x
モンゴルで馬にのって遊牧民をたずねるツアーを思い出しました!そうそう、一緒に行った妹もお尻から血を出してた!!
らくだの写真、すごく素敵です~。幻想的で、大好き!
それにしても、インドに砂漠があるのって、意外でした~。
Commented by knmacke at 2007-09-03 06:51 x
いいね~!
私も学生時代、思えばもう10年前になりますが、
中国の新疆で砂漠に寝ました。寝るときは砂が暖かかったんだけど
夜中を過ぎると寒くて寒くて、、、ここで死ぬと思いましたよ、ほんと。
しかし、星空がこれまでの人生の中でも砂漠で見た星が一番キレイかった。マウナケアより。
暗い闇も闇、真っ暗闇ですからね。遮る山もないし。あ~、なつかし。
起きたら耳の穴が砂まみれで。もちろん頭の地肌も砂まみれ。
ラクダって座ってて乗るんだよね、そんでムンズッと立ち上がる。

しかし、私は20歳頃の体験でしたが、Tモコさん今にしてその行動力!
恐れ入ります!この、怖いもの知らず!!!(笑)
Commented by kumiyasaka at 2007-09-05 10:24 x
tomshore2さんのインド旅行記の中で一番楽しみにしていたのが、このらくだツアーです。なかなかできない体験だよね~。すごく楽しそう♪と思っていたけど、やはり実態は過酷なのね。。。お尻の皮がむけるって。。。。
糞ころがし、けなげね~。そんなのが見れちゃうところがすごい。
Commented by tomshore2 at 2007-09-06 08:34
>akiponさん
モンゴルにも行っているとは!(爆)馬もお尻がやばいのね。
私もインドに砂漠とはぜんぜん、知らなかった....はは。

>knmackeさん
おお元バッグパッカー、そんな体験もしているとは。いえいえ、私もさすがに歳なので、野宿、堪えましたが...(笑)
私も砂漠って夜が冷えると思い込んでいたけど...
さすがインド。一番暑い時期とはいえ朝でもほんのり暖かかった...
うんうん、満点の星、きれいだったよ〜。
らくだがムンズ(笑)と立ち上がる感触、面白いよね!

>kumiyasakaさん
ほんと、なかなか出来ない体験でした。お尻のかわ...水ぶくれみたいになっちゃったんだよね。で、それが切れて....ははは....
糞ころがし、かわいいよね。びっくりしました。
<< インド旅行その13:青い街、ジ... インド旅行その11:ジャイサル... >>


最新の記事
パンヂー畑でレイメイキング2..
at 2016-04-03 12:02
KYOTO 2014 SUM..
at 2014-08-21 07:12
Ho'ike 2014
at 2014-07-17 10:17
余宮隆展 at 千鳥 
at 2014-04-16 10:22
SAKURA 2014 その..
at 2014-04-13 13:07
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ブログの更新、なんだかと..
by sakanatowani at 14:49
>鍵コメさま こんな放..
by tomshore2 at 22:11
☆さかなさん 京都の氷..
by tomshore2 at 07:48
ああああ〜〜、いつにも増..
by sakanatowani at 10:14
☆あひるさん お返事お..
by tomshore2 at 09:50
☆nemotyさん お..
by tomshore2 at 09:49
祝 初ホイケですゥ。 ..
by 大阪のあひるです。 at 23:40
いいですね、生のレイ!と..
by nemoty-nemoty at 10:18
☆黄金丸さま お返事遅..
by tomshore2 at 11:16
☆stellaさん お..
by tomshore2 at 11:15
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
春を感じるワークショッ..
from IkukoDays
初めてのワークショップ「..
from EATお茶入れたよ
Lovely Sweet..
from うひひなまいにち
検索
タグ
(146)
(144)
(121)
(72)
(70)
(57)
(51)
(47)
(47)
(42)
(35)
(24)
(21)
(21)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
www.flickr.com
NoeLani2006's items Go to NoeLani2006's photostream
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧